menu
<特集>に戻る

Q. 楽しかったこと、うれしかったことは?
A. .全く勝つことができなかったチームが、最後の夏に勝つことができるチームに成長したことです。 つらいことや苦しいことを全員で乗り越えてきたことが、チームの成長に大きくつながったと感じます。

Q. 苦しかったこと、つらかったことは?
A. 新チーム当初の連戦連敗です。先輩方が強かった分プレッシャーもあり、勝てない日々が続きました。 部員、監督、コーチみんなが苦しかったと思います。 自分自身も結果が出せなく、チームを引っ張れずにつらかったです。

Q. 自分が成長したと感じることは?
A. 気持ちの強さが成長したと思います。1、2年生の頃はチャンスに弱く結果を出せませんでした。 しかし、3年生になってからは自信を持ってバットを振り、夕イムリーも多く打てるようになりました。 また、ピンチの場面では誰よりも声を出し、諦めずに頑張ることができるようになりました。

Q. 感謝していること、感謝している人は?
A. 一番感謝しているのは、監督と母です。 監督は技術指導だけではなく、自分たちが人間的に成長できるように指導してくれました。 母は一人で私の野球を支えてくれました。私がここまで野球を続け、人として成長できたのは監督と母のおかげです。 本当に感謝しています。

Q. 座右の銘、好きな言葉は?
A. 「勇往邁進」です。自分の目指すものに臆することなく、ひたすらに向かっていくという意味の言葉です。 この言葉を支えにしっかりと目標に向かうことができました。

Q. これからの目標や夢は?
A. 大学で教員免許を取得し、教員になりたいです。 いずれは母校の大曲農業で野球にも携われたらと考えています。 目標としている先生のように、生徒から信頼され尊敬されるような指導者になりたいです。

Q. 一緒に頑張った仲間たちへのメッセージ
A. 3年間全員でしてきた野球は、これまでのどんな経験より色濃く楽しいものでした。 どこにも負けないチームワークで、これからもみんな仲良く頑張って行きましょう。

Q. 後輩たちへのメッセージ
A. 思うような結果が出せずに苦しいこともあると思います。諦めずに仲間と乗り越えてください。 努力を続ければ必ず結果はついてきます。甲子園を目指して頑張ってください。 応援しています。

Q. あなたにとって高校野球とは?
A. 野球を通して学び、成長させてくれる場所でした。 技術的な面も成長しましたが、それ以上に人間的に成長できたと思います。 また、全員で心を一つにして甲子園を目指した3年間は、人生のかけがえのない経験になりました。 一生の思い出です。

≪文・写真:ボールパーク秋田編集部≫