menu
<特集>に戻る

Q. 楽しかったこと、うれしかったことは?
A. 3年生最後の夏の大会です。前年は第4シードで臨みましたが、初戦敗退と悔しい思いをしました。 しかし、今年は昨年と同じ能代球場3塁側でシード校から勝つことができました。
 特に、初回の先頭打者で打った2塁打は高校野球の中で一番思い出に残るヒットになりました。

Q. 苦しかったこと、つらかったことは?
A. 新チームになって練習試合でも負けることが続き、どうすれば勝てるのか悩み、苦しい日々が続きました。 大事な場面で打てずに、チームの力になれなかった時期がつらかったです。

Q. 自分が成長したと感じることは?
A. 練習後に毎日自主練習をし、どんなに帰宅が遅くなっても毎日素振りを続けました。 毎日の積み重ねを大切にできるようになったところが、大きく成長したところだと思います。
 特に守備に関しては、コーチや後輩のおかげで納得するまで練習をさせてもらいました。 練習量が自信につながったと思います。

Q. 感謝していること、感謝している人は?
A. 両親と監督です。両親は小学3年から私の野球にすべての面で応援してくれました。 お弁当や洗濯、試合での応援など本当に感謝しています。 監督は人として成長できるよう指導していただきました。 特に「嘘をつく者は嘘を重ね、人の信頼を失う」という言葉はいつも心にあります。

Q. 座右の銘、好きな言葉は?
A. 「継続は力なり」です。コロナ禍で部活動が制限されることも多くありましたが、 自分で考え工夫をして努力をしてきました。 何事も継続して頑張れたことが、自分の成長につながったと感じます。

Q. これからの目標や夢は?
A. 私は進学せず社会人になる道を選びました。 野球からは離れてしまいますが、これまで自分の野球を支えてくれた方々に恩返しできるように、 野球で学んだことを忘れずに頑張って行きます。

Q. 一緒に頑張った仲間たちへのメッセージ
A. みんながいてくれたから高校生活が楽しかったです。 つらいこともみんなが仲間でいてくれたから乗り越えられました。 共に戦えたことに心から感謝していますし、最高の仲間と出会えました。

Q. 後輩たちへのメッセージ
A. いつも自主練習に付き合ってくれてありがとうございました。 小さいことでも毎日続けることで、自分では気づかないうちに大きな力や自信がつくと思います。 苦しくても、悩んでもしっかりと前に進み頑張ってください。 自分たちができなかった甲子園出場を果たせるよう応援しています。

Q. あなたにとって高校野球とは?
A. 高校野球で甲子園を目指すことが小さい頃からの憧れでした。 憧れが現実になり、厳しい練習に耐え努力してきました。 また、これまでたくさんの素晴らしい指導者と出会うことができました。 憧れから現実になった高校野球はとても楽しく、一生の財産になるものでした。

≪文・写真:ボールパーク秋田編集部≫