menu
<特集>に戻る

Q. 楽しかったこと、うれしかったことは?
A. 夏の甲子園予選の一回戦の金足農業との試合で、その試合ではずっと結果が出ていなく、チームの力になれていませんでした。 何回も交代の場面があった中でも、監督の勝田先生は自分を信じて使い続けてくれて、最後の打席で決勝打を打つことができました。 チームの力になれて本当にうれしかったし、忘れられない打席になりました。

Q. 苦しかったこと、つらかったことは?
A. 先輩たちが引退し、新チームの秋季大会で一回戦負けしてしまったことです。 何から始めたらいいのかもわからず、自分は途中出場だったので、自分の力のなさを痛感しました。 だからこそチームの力になりたい、勝利に貢献したいと強く思うようになりました。

Q. 自分が成長したと感じることは?
A. 特に成長を感じたのは守備の面です。高校入学後に外野手からサードへと移動し、一から内野守備を学び始めました。 最初は基礎も何もなくとても下手でしたが、先輩や同級生から教えてもらうことで上達していき、3年生になる頃には打撃よりも守備に自信がありました。 とても周りに恵まれた3年間だったと思います。

Q. 感謝していること、感謝している人は?
A. 一番感謝している人は一つ上の土谷裕太さんです。 同じポジションとしてサードのことはもちろん、野球についてたくさんのことを教えてもらいました。 今の自分はほぼ土谷さんでできているといっても過言ではありません。 感謝してもしきれないほど面倒を見てもらいました。 本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

Q. 座右の銘、好きな言葉は?
A. 「全盛期は常に未来」です。自分のピークを過去に設定せず、常に成長し続けるという意味です。 不調が続いてうまくいかないときでもこの言葉を思い出して頑張ってきました。 春の大会からサードの守備位置につくときに礼をしてからグラウンドに入るようにし、その時にこの言葉を心の中に刻んでいました。 何度もこの言葉に救われました。

Q. これからの目標や夢は?
A. 自分は野球から離れます。ですが野球で学んだことを活かして、今度は自分の将来としっかり向き合い、 やりたいことを見つける大学生活を送りたいです。

Q. 一緒に頑張った仲間たちへのメッセージ
A. みんなと一緒に過ごした2年半は一生の宝物です。 楽しいことも、つらいことも、苦しいことも一緒に乗り越えられてよかったです。 これからは別々の進路に進むけど、まだまだみんなと一緒に思い出をつくりたいです。 これからもよろしくお願いします。

Q. 後輩たちへのメッセージ
A. まずは力をつけてください。そして必ず自分たちを越えてください。 自分たちの思い、これまでの先輩たちの思いを全部背負って夢をかなえてください。 秋田中央高校の校歌が甲子園で響き渡ることを願っています。

Q. あなたにとって高校野球とは?
A. 高校野球は人生の学びだと思います。 野球を通じて仲間の大切さ、挨拶、礼儀などたくさんのことを学ぶことができました。 一生のうちに一度しかないこの経験は必ず自分の力になると思っています。 もちろん苦しいことも辛いこともたくさんあるけれど、終わってみれば高校野球をやって本当に良かったと思っています。

≪文・写真:ボールパーク秋田編集部≫