menu

スポーツ心理学から学ぶ
子供たちの育成・指導


      

― レディネスを忘れずに ―

発育期の子どもたちを、スポーツを通して正しく鍛錬していくためには、まず「レディネス」(訓練に対する心身の準備状態)を考慮して取り組むことが大切だ。
優秀なスポーツ選手になるには、敏捷性や持久力、筋力などの増強が不可欠だが、発育期にはこれらを同時に鍛えようとしても無理である。
一般的には、敏捷性は5~10歳、持久力は11~14歳の間に、そして筋力は15歳以降にレディネスができあがり、最も発達するといわれる。
したがって、この発達段階に応じて適時鍛錬し、その能力を伸ばしていくことが肝要だ。
子どもは大人を小さくしたものではない。
大人のスポーツ選手が行っている練習やトレーニングを、そのまま模倣して子どもたちにやらせることは、生後まもない赤ん坊を、早く歩かせようと訓練しているようなものといえよう。



このことと同時に、留意しなければならないのが障害の防止。
スポーツ障害の発生については、多くの場合、練習量の多さに起因している。
小・中学生段階での連続(集中)練習は2時間が限度であり、筆者の調査では、それを過ぎるとスポーツ外傷が急増する傾向がみられた。
練習が長くなる時は、途中で休憩を入れ、血糖値を上げるための甘いおやつや、発汗して失われる電解質(ナトリウム・カリウムなど)補給としてスポーツドリンク・生の果物などをとることが必要。
また、野球のピッチングやサッカーのキックなど強度な反復動作の練習は、その部位に過重な負担がかかるので、毎日実施するのではなく、発育に合わせて「二(日)勤一(日)休」などとすべきであろう。
アクシデントは忘れた頃に、とならないよう、常に細心の注意を払いたいものだ。


ノースアジア大名誉教授
伊 藤 護 朗


~ profile ~

伊藤 護朗(いとう ごろう)
秋田経大付高、秋田経法大付高(現 明桜高)の部長、監督として甲子園3回出場
秋田経法大野球部として全日本大学野球選手権大会(神宮)に2回出場
秋田県アマ野球連盟会長を経て2014年4月から秋田県野球協会 会長(現職)
北東北大学野球連盟顧問
ノースアジア大学法学部長、学生部長を歴任
平成8年ノースアジア大学教授就任
著書、論文、学会発表など研究業績多数
秋田市出身 71歳